ミネットの名前の由来をお話ししますね

以前のサロンは、
haha*coco(ハハココ)という名前でした。
ハハココは、母と子々。お母さんと子供たちという意味です。
マタニティアロマサロンでしたので、母と子。

新しく開くお店は名前を変えようと思いました。
その時ふと浮かんできたのが、ミネットという言葉。
ミネットには由来があります。それは、わたしのおばあちゃん♡

私が子供の頃、祖母は民間療法で近所の方を手当てをしていました。
昭和の話です。いまなら、開業できないかもしれません。不思議と治ってしまう。法に触れるでしょうね。

おばあちゃんの手当てを受けた人が、ものすごく良くなっていくのを目の当たりにして、わたしは驚くとともに、すごいなあと尊敬していました。
わたし自身もおばあちゃんの手当てを受けたことがあるので、効果は体感済みでした。

でも、その気持ちをずっと忘れていたのです。最近になって、おばあちゃんのことを思い出して、
「ああ、おばあちゃんみたいになりたいな」
と、思いました。
わたしがセラピストになったのは、おばあちゃんがルーツかもしれません。

サロンの名前を考えていたら、おばあちゃんのことを思い出しました。
おばあちゃんの名前はミネでした。(カタカナ表記です。昭和の方には珍しくないみたい。)
だから、ミネットです。
ミネさんと一緒に→ミネット。
という気持ちが込められています。

ミネットを調べたら、フランス語で「子猫、猫ちゃん、」という意味があるそうです。
なんかかわいいかも!と思って、アルファベットではMinetteとしました。

お客さまが猫ちゃんみたいに可愛くなってくださればいいな♫

昨日虹の端っこ見つけました♪

アトリエ・ミネット/自然の恵みのやさしい手当て

あなたの大切な心と体を癒す《自然の知恵》を伝えるアトリエです

0コメント

  • 1000 / 1000